088-875-6218

〒780-0861高知県高知市升形4番14号

高知県 高知市 歯科 織田歯科医院 歯周病 虫歯 インプラント 入れ歯

欠損補綴(入れ歯・インプラント)

よくあるご質問

織田歯科医院の歴史

料金表

院長BLOG

Mobile Site

ブリッジ

ブリッジとは喪失した歯の両側に残った歯を削り橋渡しする治療法です。
歯とブリッジを固定するため1度つけると壊さないと外れません。

織田歯科医院の歯科技工士・大石雄一の習作(模型作品)です。

前歯はブリッジで陶器を歯に焼きつける陶材焼付鋳造冠という物で出来ています。
他には金属や強化型のプラスチックなどでも製作します。

・メリット
違和感が少ない
咬む能力自体もあまり変化がない
歯と固定するため動かない

・デメリット
歯をかなり削らないといけない
場合によっては神経を取る必要性がある
歯の喪失状態によってはブリッジができない
保険治療では白い歯の適応範囲は限られる
 

  • 前から見たところ

  • 後ろから見たところ

  • ブリッジ

入れ歯(義歯)

入れ歯は歯をある程度の本数喪失した場合に適応となります。

・メリット
 ブリッジやインプラントが不可能な症例でも適応できる。
 壊れた場合や隣の歯を喪失した場合などの修理が比較的容易
 咬み合わせの高さや位置などをある程度容易に変更できる

・デメリット
 取り外し式のため自分で管理、清掃をしないといけない
 ブリッジやインプラントと比べると異物感が強い
 部分入れ歯の場合ハリガネがかかり見た目が悪くなりやすい
 歯ぐきが痛くなりやすい
 
デメリットの異物感や痛みなどは慣れと調整を行うことにより良くなる場合が殆どです。

症例
 
  • 術前
    前歯はぶらぶらで、噛み合わせも低くなっていました。
    色々の治療計画の中から、通常の術式を選びました。

  • 術後
    上顎前歯は抜歯、噛み合わせは高くなりました。
    治療の中断や義歯の紛失などありましたので、治療期間は1年になってしまいましたが、よく噛めてきれいな義歯になりました。金属のクラスプ(バネ)も唇があるので、いつもはほとんど気になりません。

     

 

クラスプ義歯

ハリガネのある義歯は最も一般的なものです。
この症例は保険外、金属が多い義歯です。


 

  • 術前

  • クラスプ義歯

  • 術後


・保険適応と保険外​の義歯
保険適応の場合、レジンというピンクのプラスチックが多くなります。
保険外の義歯の場合、金属が多くなります。

金属が多いと
義歯が壊れづらくなる
薄くできるので異物感が減る
熱を伝えるので熱い物や冷たい物を食べたときに感じやすい
などといった利点があります。
また保険ではできない義歯の設計もあります。
 

インプラント(人工歯根)

インプラントは欠損補綴でも固定式にできる魅力があります。
どんな症例にでも応用できるものではありませんが、最近では適応さえ誤らなければ90%以上の成功率が期待できます。
また適切な噛み合わせとケアさえできれば長期の予後が可能です。
しかし治療は顎骨にドリルをする外科処置の必要があります。
また保険適応外となります。

・メリット
 義歯を入れずに済む可能性がある
 固定式なら異物感も少ない
 咬む力が義歯よりも大きい
 
・デメリット
 外科手術が必要となる
 値段が高い
 骨の条件が悪いとできない
 自分の歯よりも歯周病が重度になりやすいので管理が重要となる



当院ではインプラント治療前にCTを撮影し、CT上でインプラントシミュレーションを行い治療計画を立案していきます。

・インプラント治療の大まかな流れ

①診査、上下の型取り
②専用装置の作製、CT撮影(15000円)
③治療計画の説明
④外科手術(1本埋入につき200000円)
⑤治癒期間(上顎5か月程度、下顎3か月程度)
⑥仮歯装着
⑦上部構造装着(上部構造の種類により金額は変動)

 

インプラント(下顎大臼歯欠損)

  • 下顎の状態

  • 前から見たところ

リーゲル・テレスコープ義歯

あまり普及はしていませんが、リーゲル・テレスコープ義歯を使えば、インプラントのような外科処置を避けつつ、欠損補綴の片側処置が可能になります。
症例では咬合面(噛む部分)が金属ですが、白い歯冠色で仕上ることも可能です。
保険外診療です。

メリット
通常義歯のようなハリガネがない
通常の義歯のように簡単にはずれない
金属が多く強度も強い

デメリット
歯をかなり削らないと治療できない
神経を取らないといけない可能性
治療回数、費用がかかる

 

  • 術前

  • リーゲル・テレスコープ義歯

  • 術後

全部床義歯(総入れ歯)

歯が1本も無くなってしまった場合、クラスプ義歯のように歯にかける部分がないため、義歯がはずれやすくなります。
また噛み合わせの設定や調整が難しくなり、丁寧な治療が要求されます。

全部床義歯においても保険と保険外の物が存在します。
保険外のものは金属を多く使う形になります。

・金属のメリット 
 厚さを薄く出来る
 強度が上がる
 熱を感じやすくなるため、熱い物や冷たい物を感じやすくなる

・デメリット
 修理が難しくなる
 価格が高くなる

院長である織田展輔が製作した全部床義歯の動画を公開しました。
全ての人にこういった義歯を製作できるわけではありませんが、一例です。
https://youtu.be/bXiiiCcSP1I

 
PAGE TOP