088-875-6218

〒780-0861高知県高知市升形4番14号

高知県 高知市 歯科 織田歯科医院 歯周病 虫歯 インプラント 入れ歯

よくあるご質問

よくあるご質問

織田歯科医院の歴史

料金表

院長BLOG

Mobile Site

よくあるご質問

Q 歯を磨き過ぎると歯が削れるのでは?
A 歯ブラシだけで磨いて削れることはありません。
よほど粒子の粗い研摩剤の入った歯磨き剤などを使うとわかりません。
それより歯垢が残っている方が、歯垢中の細菌を出す酸により歯が溶かされ虫歯になります。

Q 歯間ブラシを使うと歯がすいてくるのでは?
A 歯間ブラシを使うことで今まで炎症で腫れていた歯肉が炎症がなくなりひきしまります。
その状態が歯がすいたようにもとられますが、正常な状態なのです。
歯と歯の間に汚れが残り歯周病になると歯肉の下の骨が吸収され、もっと歯がすいてきます。

Q 口臭が気になる
A 口臭の原因の約90%は口腔内にあると言われています。
虫歯や歯周病の原因である細菌の臭いや大量の舌苔の付着である場合が多いです。
きちんとした歯磨きや舌磨きをするだけでかなりの口臭は減少させることができますが、虫歯や歯周病のある場合はその治療も必要になります。

【口臭が気になる方、歯周病チェックはこちらから】

Q 口が乾きやすくなった
A 加齢と共に、唾液分泌の減少はありますが、薬の副作用で唾液の分泌が抑制される場合もあります。
現在では700種類以上もの薬に口腔乾燥を引き起こす可能性があるといわれています。
その他、ストレスや緊張でも唾液の分泌量が減ることもあります。
ドライマウス用の洗口剤、歯磨き剤、うるおいスプレーなどを使えば軽減できます。

Q 歯がしみる
A 一般的には、大きな深い虫歯があると、しみてきて痛くなることが多いのですが、歯周病によって歯根面が露出してきて、そこから知覚過敏を引き起こし冷たいものや刺激でしみを感じることもよくあります。歯磨きがよくないと余計にしみやすくなるようです。
知覚過敏は自然に治ることもありますが、フッ素などの薬剤の塗布、レーザー治療等でよくなることもあります。複数の方法を試すことも可能です。

【当院の虫歯・歯周病治療について】

Q 歯が動く、抜けた
A ぶつけたとか、転んだ等の外傷的要因で動き出したり抜けてしまう事もありますが、歯周病になり歯を支えている歯周組織(歯根膜や歯槽骨)が破壊されると、動揺が始まり、最終的には自然脱落することもあります。
歯周病で抜けてしまったら、歯は元には戻りませんが、外傷の場合はすぐに抜けたところに戻すか、牛乳や生理的食塩水に入れて、歯科医院に行けば元に戻ることも多くあります。

Q 子供のフッ素塗布はした方が良い?
A 確かにフッ素には、虫歯の予防効果はあります。
特に乳歯や、永久歯との交換期の生えたての歯はフッ素を使うことによって歯の表面のエナメル質を強化し、酸に溶けにくい歯を作ることが出来ます。
しかし、フッ素塗布だけでは、虫歯を予防することはできません。
やはり正しい磨き方と、歯磨き習慣をつけることとお菓子やジュース、甘い物のダラダラ食いをしない等の規則正しい食生活をすることが必要になります。

Q 歯石・汚れが気になる
A 歯垢は歯ブラシで磨くことでとれますが、長時間そのままでおくと硬くなり歯石になります。
歯石になると歯科医院でとってもらわないと自分でとることはできません。
又、そのままにしておくと歯周病になります。何度かに分けてとる必要があります。
歯の黒ずみ等の着色は、タバコのヤニや茶渋などがあります。
これは歯科医院で簡単にとることができます。
自分で金属をつかってとると歯や歯茎を傷つけるのでしないほうがよいです。
毎日の歯磨きをしっかりすることで歯石になりにくくなります。

【当院のPMTCについて】

Q 歯を磨くと血がでる
A 歯磨きをした時に歯ブラシに血がついてしまう。
痛みもないのに出血する。腫れや出血がそれほどでもない場合は歯肉炎であったりします。歯肉が赤く腫れている。指で押した程度で簡単に出血するのであれば、歯周病になっている確率が高いようです。歯垢(プラーク)が原因で歯肉に炎症がおき出血しやすくなりますのできちんと歯垢をとる歯磨きをすれば1週間位で出血はしなくなります。
古い汚れや歯石になってしまうと、歯科医院でとらないとよくなりません。きちんと歯垢をとる歯磨きを習うことと歯石を取ることでよくなります。

【当院のPMTCについて】

Q 毎日歯磨きしているのに虫歯ができてしまった
A 最近では子供の虫歯はずい分減りましたが、1本も虫歯のない人も少ないようです。歯は歯磨きだけしていれば守れるのでしょうか。しっかりと歯磨きができていれば大きな問題が発生することはないようですが、人間のやることですから磨き残しがあるかもしれません。定期的に歯科医院でプロチェックを受けるとよいでしょう。
初期の虫歯は痛みもなく気づきにくいです。早期発見、早期治療で痛むことなく処置ができます。
歯磨きが上手にできてないと虫歯と歯肉炎と両方なることもあります。歯肉の出血があると虫歯の治療もきちんとできにくく、すぐに金属冠やつめ物がとれたり虫歯が再発したりします。

【虫歯の予防について】

PAGE TOP