088-875-6218

〒780-0861高知県高知市升形4番14号

高知県 高知市 歯科 織田歯科医院 歯周病 虫歯 インプラント 入れ歯

歯周病治療

よくあるご質問

織田歯科医院の歴史

料金表

院長BLOG

Mobile Site

歯周病は体全体に悪影響を及ぼしている可能性があります

糖尿病の方は糖尿病のコントロールとともに、歯周病ケアが必要です

歯周病菌の毒素とインスリン抵抗性
※クリックすると拡大されます。
月間糖尿病ライフ6月号より

糖尿病は高血糖状態が慢性的に持続することで、それが原因となる様々な合併症(網膜症、腎症、神経障害、足病変、動脈硬化など)を起こします。
現在では糖尿病は、歯周組織(歯や歯茎、歯の骨など)にも悪影響を与えることが分かっており、歯周病は糖尿病の6番目の合併症と言われています。
また、糖尿病の方は、健康な人より歯周病治療後の再発リスクが高く、より高い頻度で継続してケアを行っていく必要があります。糖尿病のコントロールが悪いほど、歯周病の再発の可能性は高くなりますので、十分な糖尿病のコントロールと、定期的な歯周病ケア(セルフケアとプロフェッショナルケア)を続ける必要があります。

当院院長は、社団法人日本糖尿病協会の歯科医師登録医として、糖尿病の方の歯周病ケアに取り組んでおります。

歯周病が全身の病気につながることもあります

歯周病は、お口の中だけの問題ではありません。
歯周病の炎症が糖尿病を悪化させる危険因子となったり、歯周病菌や菌が生み出す物質が、心疾患や動脈硬化、それに伴う高血圧に関連する事が分かってきています。
歯、口のためだけでなく、全身の健康のためにも、歯周病予防のための専門的なケアが大切です。

今現在分かってきていること

歯の数が少ないと死亡率がアップする。
歯の数が少ないと心臓や血管系の病気での死亡率がアップする。
歯が少なくても義歯を入れると死亡率が改善する。
奥歯で噛む所がないと死亡リスクがアップする。
歯が残っていてもしっかり治療されていない場合は死亡リスクがアップする。
歯周病が進行していると肺炎での死亡リスクがアップする。
口腔ケアの習慣がしっかりしていないと死亡リスクがアップする。

糖尿病患者には歯周病が進行した人が多い。
歯周病を治療すると血糖値が少し下がる(これは賛否両論あり)
   

日本歯科医師会「健康長寿社会に寄与する歯科医療・口腔保健のエビデンス2015」より
 

長生きするためには歯を大事にすることが重要であるということは以前から概念的にはよく言われていましたがそれが研究の結果として段々わかってきています。
多くの人は虫歯と歯周病で歯を失います。自分自身ができる最高の防御策は徹底したブラッシングと定期的な通院です。 
 

歯周病治療

歯周初期治療(歯肉炎、歯周炎の方に)の進め方

1.歯周検査

初診時 症例

レントゲン写真

歯周組織検査とプラークスコア

2.スケーリング・SRP

スケーリング
(歯石除去、全体的)
→再検査

SRP
(1本ずつ残った歯石を根面まで除去)
→再検査・詳しい治療計画

歯周組織検査

3.再検査

まだ治らない時は歯周外科

4.治癒

治療終了時 症例

レントゲン写真

5.繰り返す定期検診

歯周組織検査

ガイドラインに沿った歯周病治療で、確実な治癒に導きます

  • 術前
    重度の歯周病で、多くの歯石と色素沈着がありました。

  • 術後(定期検診)
    スケーリング→SRP→SRP→歯周外科の後の状態です。
    清掃のできない歯列不正の前歯2本は抜歯しました。

その他の要点

フッ素塗布、フッ素洗口、予防充填、点検磨き、親子指導、食事指導

PAGE TOP